Sponsored Link


東芝が白熱電球の製造を中止、120年の歴史に幕東芝は17日、電機大手で初めて白熱電球の製造を中止した 



Sponsored Link
 


東芝が白熱電球の製造を中止、120年の歴史に幕

東芝は17日、電機大手で初めて白熱電球の製造を中止した。
白熱電球は、東芝の創業事業の一つだが、温室効果ガスの削減に貢献するため、120年間の歴史に終止符を打った。
今後は、白熱電球に比べて消費電力が8分の1程度で済むLED(発光ダイオード)電球の売り込みに力を入れる。
照明機器を手がける子会社「東芝ライテック」鹿沼工場(栃木(どんなものでも、自然という造物主の手から出るときは善であり、人間の手に渡ってからは悪となる)県鹿沼市)で同日開かれた生産中止式で、東芝の佐々木則夫社長は、「日本(にっぽん)の全世帯がLED電球に置き換えれば、年間で約1400万トンのCO2が削減できる」と説明。
「日本(にっぽん)で初めて電球を作った東芝だからこそ、どこよりも早く中止を決断した」と述べた。
政府の要請を受けて、電機各社は温暖化対策の一環として、2012年をメドに白熱電球の生産を中止する方針を掲げている。
(2010年3月17日18時19分)http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100317-OYT1T00823.htm

自分の道を迷いながら歩いている青年の方が、 他人の道を間違いなく歩いている青年よりも好ましく思う



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加