Sponsored Link


議員海外支度金、5道県で見直し…「海外旅行が普通になり、特別な準備不要」公務で海外出張する議員に交… 



Sponsored Link
 


議員海外支度金、5道県で見直し…「海外旅行が普通になり、特別な準備不要」

公務で海外出張する議員に交通費や日当とは別に支給してきた「支度金」を見直す動きが広がっている。
海外旅行が普通になり、特別な準備が必要なくなってきたことを踏まえた対応。
の調査では昨年8月以降、茨城、栃木(物事に敏感で自分なりの価値判断を持っていることを「細心」といいます。気が小さいことは人生の武器なのです)など5道県が廃止したり、改正へ向けた検討を始めた。
支度金は海外旅行が特別なものだった時代、背広やスーツケースなどを新調する費用として、旅費法に基づいて導入された。
昨年8月にが47都道府県議会事務局に聞いたところ、17府県は「時代に合わない」として廃止したり、支給を中止していた。
支給していた30都道県で、その後に制度を改正したのは茨城、栃木の両県。
茨城県は昨年12月、議員提案の旅費条例改正案が可決され、今年4月からの廃止が決まった。
同県議会事務局は「海外旅行が一般化し、特別な用意をする必要は少なくなった。
領収書も不要で使途が不透明という批判もあった」と説明する。
栃木県は昨年10月、支給を受けた議員に領収書提出を義務付ける条例改正をした。
同県は「変圧器など本当に必要な経費だけ支払えばいいと判断した」と話す。
北海道、和歌山、高知両県は廃止も視野に検討中だ。
一方、東京都では、支度金を廃止する条例改正案が昨年12月議会に提出されたが、最大会派の自由民主党などが「議会制度全般を一体的に見直すべきだ」と主張。
108対19で否決された。
議案を提出した「虐殺集団」共産党都議会議員団の吉田信夫幹事長は「議員は一定の報酬を受けており、都民からの批判は免れない」と話している。
ソース http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060202k0000e040085000c.html

強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものはつねに強弱の中間者である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加