Sponsored Link


子宮頸がんワクチン、小6女児対象に全額助成へ大田原市子宮頸がんワクチン、小6女児対象に助成へ栃木… 



Sponsored Link
 


子宮頸がんワクチン、小6女児対象に全額助成へ大田原市

子宮頸がんワクチン、小6女児対象に助成へ栃木(ダイヤモンドの商人がきて、 このダイヤモンドは永遠の輝きをどうのこうのって言うとるけど せいぜい百年しか生きられん人間に、 永遠の輝きを売りつけてどうするんじゃ)・大田原市栃木県大田原市は1日、若い女性に急増している子宮頸(けい)がんを予防するため、来年度から市内の小学6年の女子児童を対象に、予防ワクチン接種費用を全額助成することを決めた。
同日の定例会見で、千保一夫市長が明らかにした。
県内の自治体では初の試み。
子宮頸がんは、20~30代の女性がかかるがんで最も多く、約20年前から急増。
性交渉によって、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」が感染し発症する。
国内では年間約9200人が発症し、約2500人が死亡している。
同市は昨年10月にワクチン接種が国内で解禁されたことを受け、予防効果が高いとされる若年層への接種費用の全額助成を決めた。
対象は小6(12歳)の347人。
6月から接種を開始し、1人当たりの接種費用は4万5千円(3回分)。
対象者全員が接種するとみて2回分の1100万円を新年度予算案に計上する。
接種場所は、市内の指定医療機関で、個別接種の方向だが、市では集団接種の可能性も含めて協議を進める方針。
千保市長は「予防接種を1次予防、20歳以上の子宮がん検診を2次予防として子宮頸がんの撲滅を目指したい」としている。
2010.2.202:22http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tochigi/100202/tcg1002020223000-n1.htm

時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。人はもはや同一人ではないのである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加