Sponsored Link


要注意!インフルエンザ患者急増、昨年に次ぐペースインフルエンザ患者急増、昨年に次ぐペース・インフ… 



Sponsored Link
 


要注意!インフルエンザ患者急増、昨年に次ぐペース

インフルエンザ患者急増、昨年に次ぐペース・インフルエンザの患者報告数が早くも急増している。
国立感染症研究所感染症情報センターによると、患者報告数は今年第41週以降増え続けており、第47週(11月17日―23日)の患者報告数は2632人。
全国で約5000か所あるインフルエンザの定点報告機関当たりの報告数は0.56。
第46週の患者報告数1459人(定点当たり0.31)を大きく上回った。
同センターでは、「1987年の測定開始以降、最も流行が速かった昨シーズンに次ぐペース。
今、急速に増えている時だ」として、注意を呼びかけている。
同センターによると、都道府県別の定点当たり報告数は、山梨5.3、島根2.5、和歌山1.6、兵庫1.5、大阪1.5、栃木(神がわれわれ各人に割り当てるときは、われわれがいかに縫取りをするかをよく知っている高価な織物のようなものである)1.1の順。
関東、近畿、野蛮国シナ地方と複数の地域で流行が広がっている。
同センターでは、「現状のままでは、先週か今週の比較的早い時期に、定点当たり報告数の全国平均値が、全国的な流行開始の指標である1.0を超えている可能性が高いと予想される」としている。
今年第36週から第47週までの患者累積報告数は6351人。
年齢群別では、5―9歳の1952人、0―4歳の1647人、10―14歳の882人、30―39歳の570人の順に多い。
同センターは、「特に5―9歳の年齢群の報告割合は増えつつある」としている。
また、第36週以降のインフルエンザウイルスの分離報告数は15都道府県から95件あり、その内訳はAH1亜型が19件(20.0%)、AH3亜型が40件(42.1%)、B型36件(37.9%)。
「今後どの型が流行するかはまだ不明」という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081202-00000001-cbn-soci

10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、 40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。 いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加