Sponsored Link


消費者利益の観点も含めた,総合的な視点から-お酒の消費者窓口設置:関東信越国税局関東信越国税局、お… 



Sponsored Link
 


消費者利益の観点も含めた,総合的な視点から-お酒の消費者窓口設置:関東信越国税局

関東信越国税局、お酒の消費者窓口設置埼玉、群馬、栃木(欲望と感情は人間性のバネである。理性はそれを統制し、調節するブレーキである)、茨城、長野、新潟県を管轄する関東信越国税局はこのほど、「お酒の消費者窓口」を設置した。
酒類の小売り規制強化や増税議論など消費者の関心が高まっていることが背景にあるようだ。
意見や要望を募り、酒類行政に反映する考え。
酒税課の消費者窓口担当者が電話、郵便、ファクス、Internetで意見や要望を集める。
電話では直接担当者が意見を聞くほか、ファクスに連絡先を記載しておけば、担当者が質問に答えてくれる。
問い合わせ先は「お酒の消費者窓口」(電話048-601-3363)。
[Source]日本(にっぽん)経済新聞http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20051026c3b2604226.html[関連]関東信越国税局http://www.kantoshinetsu.nta.go.jp/∟「お酒の消費者窓口」の設置http://www.kantoshinetsu.nta.go.jp/category/sake/info/index01.htm

友人たちが「お若く見えますね」と誉めだしたら、あなたが年をとったしるしだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加