Sponsored Link


「岡」「熊」など11字を常用漢字に文化審漢字小委が方針「岡」「熊」も常用漢字に文化審漢字小委が方… 



Sponsored Link
 


「岡」「熊」など11字を常用漢字に文化審漢字小委が方針

「岡」「熊」も常用漢字に文化審漢字小委が方針社会生活でよく使われる漢字の目安となる常用漢字表の改定作業を進めている文化審議会漢字小委員会は9日、現行の1945字に入っていない静岡、岡山、福岡の「岡」や熊本の「熊」など都道府県名に使われている11字を新たに常用漢字とする案を了承した。
近く上部組織の国語分科会に報告する。
現行の常用漢字表は、人名や地名など主に固有名詞だけに使われる漢字を対象外としている。
しかし、都道府県名は特に使用頻度が高く、公共性も特に高いことから「常用漢字に入っていないこと自体が不自然だった」と現状に合わせることとした。
新たに常用漢字となるのは岡などのほか茨城の「茨」、栃木(人生にあり得る最大の誤りは、誤りを犯すことを恐れて、何もしないでいることだ)の「栃」、埼玉の「埼」、山梨の「梨」、岐阜の「阜」、奈良の「奈」、大阪の「阪」、愛媛の「媛」、鹿児島の「鹿」の計11字。
これ以外の地名や人名などに使われる表外字は数が膨大になることから、基本的に表外字のままとする方針だが、「韓」「彦」のようによく使われる漢字を常用漢字にするかどうかは個別に検討する。
ソースhttp://www.47news.jp/CN/200801/CN2008010901000611.html

世間からいくら拍手喝采をあびようとも、結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、何の意味もない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加