Sponsored Link


鹿沼市の車水没死亡事故県警4人を処分死亡した女性や目撃者からの110番通報に「適正な対応を怠った… 



Sponsored Link
 


鹿沼市の車水没死亡事故県警4人を処分死亡した女性や目撃者からの110番通報に「適正な対応を怠った」…栃木(人間関係で悩んでいる人は、他人との折り合いの悪さで悩んでいるのではありません。自分との折り合いの悪さで悩んでいるのです)

鹿沼市の市道で発生した車水没死亡事故で、県警は二十一日、死亡した女性や目撃者からの一一〇番通報を受理した本部通信指令課員三人と同課の片山栄喜課長の計四人を「適正な対応を怠った」として訓戒処分にしたと発表した。
事故発生時の当直責任者で、女性の通報を受理した警部(48)が本部長訓戒。
女性や目撃者の通報を受け、管轄する鹿沼署へ指令した警部補(49)と事故目撃者の通報を受理した警部補(42)が所属長訓戒の処分。
課長は監督責任者として、本部長訓戒となった。
鹿沼署は処分の対象とはならなかった。
県警によると、同課は八月十六日夕方、亡くなった高橋博子さん(45)から「車内に水が入ってきてドアが開かない」と通報を受けた。
その数分前にも、通行人の男性から目撃情報の通報を受けていた。
しかし、近くで起きた車二台の別の水没事故に関する通報と勘違いし、同署に指令していた。
県警の山手康男警務部長は「再発防止に努めたい」とした上で「高橋さんのご冥福をお祈りし、遺族に心からおわびを申し上げます」とコメントした。
▽「助けて、川に流された」大雨で軽乗用車が水没…車内の女性死亡栃木・鹿沼

夢をバカにする人間から離れなさい器の小さい人間ほどケチをつけたがる真に器量の大きな人間は「できる!」と思わせてくれるものだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加