Sponsored Link


来所者1万人を突破「とちぎ就職支援センター」就職できた人千三十五人栃木・宇都宮市[05/03]来所者1万人… 



Sponsored Link
 


来所者1万人を突破「とちぎ就職支援センター」就職できた人千三十五人栃木(人間は判断力の欠如によって結婚し、 忍耐力の欠如によって離婚し、 記憶力の欠如によって再婚する)・宇都宮市[05/03]

来所者1万人を突破「就職支援センター」就職相談や情報をワンストップで提供する「とちぎ就職支援センター」(宇都宮市塙田一丁目)の来所者が四月下旬、一万人を突破した。
二〇〇四年四月の開設から二年余りで、同センターを利用して就職できた人も千三十五人に達した。
情報集めや相談に何回も訪れる人が多く、来所の実人員は五千人前後とみられるため、就職率は20%程度。
ただ、フリーターや「ニート」など就職の難しかった人が多いことを考えると、決して低い数値ではないようだ。
「面接が怖くて」就職活動できなかった女子大生が、五回のカウンセリングと二十回の電話相談で不安を克服。
三社の内定を得て、希望の事務の仕事に就いた例もある。
大学卒業後、就職した会社を辞めた二十七歳の男性は二年間、就職活動もしない「ニート」に。
しかし父親に連れられて来所し、相談員の勧めで職場体験した企業に再就職を果たした。
担当の県労政課は「カウンセラーが一人一人の能力、適性に応じた相談、助言をする中で、就職につながっている」と分析。
今月中には「ジョブカフェ応援隊」の活動も始め、若者の就職をバックアップする。
http://www.shimotsuke.co.jp/hensyu/news/060503/news_8.html

人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。そうすれば、相手は何時間でもこちらの話を聞いてくれる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加