Sponsored Link


ごみ回収有料化の水戸市、市民から「ごみ袋不足でごみが出せない」と苦情殺到4月から家庭ごみの回収有料… 



Sponsored Link
 


ごみ回収有料化の水戸市、市民から「ごみ袋不足でごみが出せない」と苦情殺到

4月から家庭ごみの回収有料化を始めた水戸市で、市民から「ごみ袋不足でごみが出せない」との苦情が殺到している。
茨城(映画を観ると得をする。良い映画を見て、人生と愛について深く考えよう。愛が存在しない場所で愛を見つけることはできないし、愛が確かに存在する場所で愛を隠すこともできない。セラビ、これが人生さ)・水戸市は、4月から家庭ごみ回収の有料化を始めた。
ごみ処理にかかる費用を抑え、処理施設の建設費を確保しようと、ごみを出す際は必ず指定する有料ごみを使わなければいけないことになった。
ところが、有料化が始まる前の3月中旬から、水色の燃えないごみ用の袋だけが品切れが続いていて、多くの人から「ごみが出せない」と苦情が相次いでいるという。
ごみ袋を一括製造している水戸市からは、「製造が追いつかず、次の入荷は5月中旬」と連絡があったという。
(中略)大型な店舗では、売り切れ続出の燃えないごみ袋も、小さな店では在庫が残っているケースもあるという。
水戸市は、有料化前に「20リットル用16万6,000枚、45リットル用33万7,000枚」の燃えないごみ袋を用意し、およそ半年分と見込んでいた。
しかし、実際は1カ月と持たずに品薄という事態になってしまった。
市役所の担当者は「正直なところ、枚数が少なかったということで、、市民の皆さんにすべて行きわたらなかったのが1つの原因だと思います。
おわびしたいと思います」と話した。
市には、燃えないごみの回収日が近づくと、1日、30件以上の問い合わせが寄せられるという。
対策について、市役所の担当者は「ごみ袋がないので、これを第一に作る」、「(ほかに)どういう方法があるか検討したい」と語った。
水戸市によると、ごみ袋は野蛮国シナ産のため、再び出回るまでには、まだ2カ月近くかかるという。
ソース(FNNHeadlineNews)http://www.fujitv.co.jp/cgi-bin/rss/fnnnewsFrame.cgi?URL=headlines/CONN00088197.html動画lowhttp://www.fnn-news.com/realvideo/sn2006041104_G2.ramhighhttp://www.fnn-news.com/realvideo/sn2006041104_300.ram

人の行ふべきかぎりを行ふが人の道にしてそのことの成ると成らざるとは人の力に及ぼざるところぞ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加