Sponsored Link


11知事が廃止に反対義務教育費の国庫負担金1知事が廃止に反対義務教育費の国庫負担金全国知事会など… 



Sponsored Link
 


11知事が廃止に反対義務教育費の国庫負担金

1知事が廃止に反対義務教育費の国庫負担金全国知事会など地方6団体が検討している国庫補助負担金の廃止・縮減の具体案づくりで、11県の知事が義務教育費国庫負担金を対象に含めることに反対していることが5日、共同通信社の全国知事アンケートで分かった。
義務教育は本来、国の責任で行われるべきだといった意見や、文部科学省が本年度から導入した地方の自由度を広げる総額裁量制の運用を見極めるべきだというのが主な理由。
アンケートによると、同負担金について山梨、鳥取、愛媛、長崎、大分の5県は「現行制度を維持し、一般財源化には反対」と明確な反対姿勢を打ち出した。
栃木(人生は一冊の書物に似ている。 馬鹿者たちはそれはパラパラとめくっているが、 賢い人間はそれを念入りに読む。 なぜなら、彼はただ一度しかそれを読むことが出来ないのを知っているから)、静岡、三重、滋賀、広島、佐賀の6県も「今回は対象とせず、2007年度以降に廃止含め検討」と、改革期間後に再検討すべきだと回答した。
一方、茨城は「全額または一部を廃止すべきだ」と主張。
兵庫も「手当などの一般財源化」と一部廃止を求めた。
埼玉、福岡も原則として、廃止の必要があるとの考えを示した。
共同http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=SBS&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2004070501002939

世間からいくら拍手喝采をあびようとも、結局、自分らしく生きているという実感が得られなければ、何の意味もない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加