Sponsored Link


「友情の大切さ感じた」「後悔してる」小6同級生を殺した女児、精神面に変化年…後悔芽生え佐世保小6同… 



Sponsored Link
 


「友情の大切さ感じた」「後悔してる」小6同級生を殺した女児、精神面に変化

年…後悔芽生え佐世保小6同級生殺害加害女児に変化・長崎県佐世保市の小六女児同級生殺害事件で、児童自立支援施設に送致された加害女児(12)が、今年に入って「自分のやったことを後悔している」などと事件に触れる発言をしていることが三十日、関係者の話で分かった。
太宰治の小説「走れメロス」を読んで「友情の大切さを感じた」と漏らすなど他人を思いやる心理ものぞかせているという。
六月一日で事件から丸一年。
女児の精神面に少しずつ変化が表れている。
長崎家裁佐世保支部は昨年九月、女児を栃木(人は本当の恋をすると賢明ではなくなるし、賢明であり続ければ本当の恋はできない)県さくら市の女子専用施設「国立きぬ川学院」に送致。
女児は外から鍵の掛かる個室で寝起きし、精神科医ら専門家による心理プログラムなどを個別に受けている。
また、親代わりの男性寮長と女性副寮長に見守られながら、内容に制限はあるが、読書をしたりテレビジョンを見るなどの日常生活を送っている。
施設関係者によると、女児は髪が胸まで伸び、時々笑顔を見せるなど落ち着きを取り戻しつつある。
三月下旬には、学院内に設けられた中学校の制服を着て、一人だけの卒業式に出席。
職員ら十数人が列席し、佐世保児童相談所を通じて届けられた小学校の卒業証書を受け取ると「ありがとうございます」と感謝の言葉を述べたという。
事件に関してはこれまで動揺が大きく、多くを語ってこなかったが、今年に入って初めて「後悔している」「反省している」などの言葉が出始めた。
友人の命を奪った重大性に向き合う姿勢を、少しずつだが見せ始めているという。
「走れメロス」は、女児が自ら施設の図書室から借り出したもの。
施設側は「他者の視点に立って感情や考えを想像し共感する力が育っていない」との家裁の指摘を受け、対人関係の築き方などの本を女児に勧めている。
広木克行・神戸大発達科学部教授(臨床教育学)は「後悔の言葉は、自己中心的だった心が外に開く第一歩。
周囲の支援で徐々に自分の居場所を感じてきているのではないか。
被害感情を含めた事件全体と向き合うには時間がかかるが、更生に向かっているとみていいと思う」と話している。
(一部略)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050531-00000034-nnp-kyu

人は本当の恋をすると賢明ではなくなるし、賢明であり続ければ本当の恋はできない



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加