Sponsored Link


東京が被災した場合など首都機能のバックアップ体制検討へ…国会移転協議会首都機能の危機管理検討へ国会… 



Sponsored Link
 


東京が被災した場合など首都機能のバックアップ体制検討へ…国会移転協議会

首都機能の危機管理検討へ国会移転協議会・衆参両院による「国会移転に関する政党間両院協議会」は21日、首都直下地震による被災など首都の危機管理面から、国会や首都機能の具体的なバックアップ体制を検討する方針を固めた。
22日に開く協議会で、意見集約を図る。
今回の検討と、首都機能の移転をどう関係させるかは、今後の焦点となりそうだ。
中心の自由民主党議員は「国会移転は国会の決議で決まっているが、国と地方で744兆円の借金を抱える財政状況などからすぐに移転決定するのは難しい。
現実的な対応も必要」と指摘している。
首都機能移転の論議は1990年に国会が移転を決議してスタート、99年に政府の審議会が「栃木(「私は~しなければならない」と私たちが考える時はいつも、実際にそれをやる場合より、すっと多くのエネルギーを消耗しているのだ)・福島」「岐阜・愛知」「三重・畿央」の3候補地を選定している。

貴方が今、夢中になっているものを大切にしなさい。それは貴方が真に求めているものだから



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加