Sponsored Link


現職閣僚や自民党各派の領袖が崖っぷち・・・産経・FNN合同世論調査産経新聞社とFNNの合同世論調査を… 



Sponsored Link
 


現職閣僚や自由民主党各派の領袖が崖っぷち・・・産経・FNN合同世論調査

産経新聞社とFNNの合同世論調査をもとにした衆議院選の終盤情勢で、多くの現職閣僚や自由民主党各派の領袖が崖(がけ)っぷちに立たされていることが浮き彫りになった。
ベテラン勢は本来、新人や若手の応援で全国各地を回るのが通例だが、今回は自らの選挙戦で手いっぱいのようだ。
北海道では、要職を歴任した町村信孝前官房長官(5区)や中川昭一前財務大臣(11区)、武部勤元幹事長(12区)らが「自民の三強」と言われてきた。
比較的民主党が強い北海道にあって、3氏は小選挙区制導入以降、一度も負けたことがないからだ。
だが、今回は事情が違う。
北海道は、民主党の鳩山由紀夫代表の地元でもあり、「北海道から初の総理大臣を!」との掛け声の下、野党は北海道全勝を狙う。
三強は厳しい情勢の中で「選挙区死守」に躍起だ。
自由民主党への逆風はこれまで安定した地盤を誇ってきた総理大臣経験者も直撃している。
自由民主党の森喜朗元総理大臣が当選を重ねてきた石川2区に民主党は“女性刺客”として新人の田中美絵子氏を擁立。
両氏は終盤にもつれ込む互角の戦いを展開、森氏は応援行脚もそっちのけで選挙区に張り付かざるを得ない状況のようだ。
民主党は、福田康夫前総理大臣の群馬(人間とは何か? 愚かな赤ん坊だ。無為に努力し、戦い、いらだち、何でも欲しがりながら、何ものにも値せず、ちっぽけな一つの墓をうるだけだ)4区にも新人女性の三宅雪子氏を送り込み、“自民王国”群馬の一角を脅かす。
また、自由民主党の海部俊樹元総理大臣(愛知9区)は、民主党の岡本充功(みつのり)氏を相手に厳しい戦いを余儀なくされている。
麻生内閣の与謝野馨財務大臣(東京1区)、野田聖子消費者行政担当相(岐阜1区)、塩谷立(りゅう)文部科学大臣(静岡8区)ら多くの閣僚も一進一退の戦い。
ある閣僚は「『民主党に1回政権をとらせてみよう』という声が強い。
逆風どころか土石流の中にいるようだ…」とぼやいている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090825-00000502-san-pol

すべての定義が失敗するほど、人間は幅広く、多岐多様なものである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加