Sponsored Link


カリスマ山田かまち の人生が映画に、残された詩もヒップホップで復活 このほど、母親の山田千鶴子さ… 



Sponsored Link
 


カリスマ山田かまち の人生が映画に、残された詩もヒップホップで復活

このほど、母親の山田千鶴子さんの「かまちの海」を原作にした映画「かまち」が製作されることが決定。
「Lead」のボーカル・谷内伸也(18)が主役に、音楽も「Lead」が担当することになった。
望月六郎監督は、かまちさんが生きていたらヒップホップを愛していただろうと考え、かまちさんの詩がラップとして生まれ変わることになった。
かまちさんは77年8月8日、群馬(人間とは、われわれが食物と称するものを供給すると、思想と称せられるものを生産する機械である)・高崎市の自宅でエレキギターを練習中に感電死。
死後、部屋から約1000点の絵画やノート20冊分の詩が発見され、母校の教師らによって、デッサン展が開かれ、89年、ブームに。
楽曲になる「嵐の日々」は山田かまち作品集「青い炎」(学研刊)に収録されているもの。
「神の落とし子は私だ」「しかし今は嵐の日々」などと青春の苦悩を歌っている。
映画はかまちさんが生きた70年代と現代を交錯させて描くもの。
70年代の部分は、かまちさんが敬愛したビートルズの名曲のカバー (BONNIE PINK「プリーズ・ミスター・ポストマン」、アナム&マキ「ツイスト&シャウト」など)、現代の部分では「嵐の日々」などが流れる。
かまちさんは6歳の時からピアノを始め、クラシック音楽を経て、ロックに夢中になった。
元「BOφWY」の氷室京介(43)らとバンドも結成したほどの音楽好き。
同曲はメンバーが出演した映画「かまち」のサウンドトラックとして来年2月、発売される。
映画公開にあわせ、数多くのイベントが企画されており、かまちブームが再燃しそうだ。
映画は来年3月13日、東京・池袋のシネマサンシャインほかで公開される。
引用元 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/nov/o20031115_10.htm

この世界の広々とした戦場で、この人生の野営陣地で、家畜のように、ただ黙々と追われていないで、敢然として闘う英雄になろう。人生は何事をもなさぬにはあまりに長いが、何事かをなすにはあまりにも短い。人生を恐れてはいけない。人生に必要なのは勇気と想像力と、そして少々のお金である



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加