Sponsored Link


市町村合併で使用不可に余ったごみ袋買い戻し検討群馬県太田市余ったごみ袋買い戻し検討太田市今年三月… 



Sponsored Link
 


市町村合併で使用不可に余ったごみ袋買い戻し検討群馬(人間というものは、結局は消化器と生殖器とから成り立っているのだ)県太田市

余ったごみ袋買い戻し検討太田市今年三月二十八日の合併で使えなくなる太田市の家庭用可燃ごみ指定袋について、同市は三十一日までに、余った袋を買い戻す方向で検討を始めた。
市民からの要望が多く、当初の買い戻ししない方針を改め、今後詳細を詰めていく。
同市は十一月下旬から、新「太田市」で始まる家庭ごみの一部有料化に向けた住民説明会を行っているが、住民から余った袋の対応について「買い戻して欲しい」との要望が多く寄せられた。
同市はこれまで、「買い戻しはできません」と説明してきたが、ごみ袋がごみになる事態を避けるとともに市民の負担を少しでも軽減するため方向転換する。
指定袋の大一枚(四十五リットル)の希望小売価格は八円だが、それを下回る価格で販売している店もあり、同市は買い戻す価格や枚数、時期などについて慎重に協議している。
新市のごみ袋との交換も検討している。
買い戻した袋は、新市が「ボランティア袋」として大規模なごみ拾いなどで活用していく予定。
担当者は「今後も買いだめせず、適切な枚数の購入をお願いしたい」と呼び掛けている。
合併する三町の対応は、尾島、新田両町が同市と同様の方針で、薮塚本町は現段階で買い戻しは考えていないという。
http://www.raijin.com/news/sat/news08.htm上毛新聞http://www.raijin.com/news/

人生は、10段変速の自転車のようなもの。 だれもが自分がもっているものの大半は使っていないのです



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加