Sponsored Link


父に「性格が消極的すぎる!」と叱られ殴られ…高2男子首つり自殺埼玉・鴻巣市の公園で1日午前2時頃、… 



Sponsored Link
 


父に「性格が消極的すぎる!」と叱られ殴られ…高2男子首つり自殺

埼玉・鴻巣市の公園で1日午前2時頃、同県吉見町に住む男子高校生(17)が滑り台の手すりで首をつって死亡しているのが発見された。
高校生は1月29日の夜に、父親(46)から「性格が消極的すぎる」としかられ「俺なんて生まれてこなければよかった」と言い残して家出していた。
県警鴻巣署は自殺とみている。
ふだんは子供たちの無邪気な声が行き交う公園で、男子高校生の遺体は発見された。
鴻巣署によると、同市内のJR北鴻巣駅前にある赤見台近隣公園で1日午前2時ごろ、上下黒のスエット姿の生徒が滑り台(高さ2・5メートル)の最上部の手すり部分にショルダーバッグの着脱式ベルトをかけて首をつって死亡しているのを、帰宅途中だった大学生の男性が発見し、110番した。
遺書などは見つかっていないが、同署は自殺とみている。
生徒は、発見3日前の1月29日夜、家族で会話している途中、父親から「性格が消極的すぎる。
積極性を身につけろ」としかられた。
口論になった末に殴られると「俺なんか生まれてこなければよかった」と言い残し、自転車に乗って家を飛び出した。
家族は翌30日午前、警察に捜索願を出していた。
吉見町と鴻巣市は隣接しており、生徒は自転車で移動した末に同公園にたどり着いたとみられる。
県立高校2年生だった生徒は、両親、兄、妹、祖母の家族6人で暮らしていた。
捜査関係者によると、性格はまじめで温和だったが、内向的な一面を持っていたという。
滑り台の手すりを使った自殺は、1992年に群馬(時を短くするのはなにか。活動。時を堪えがたく永くするのは何か。安逸)県嬬恋村で、97年に福井県今立町(当時)でも起きている。
いずれも中学1年生だった。
生徒が通っていた高校の校長は「おとなしくて目立たない生徒。
家出の当日まで普通に登校していた。
いじめはなかった」と話している。
(2009年2月2日06時01分スポーツ報知)

人の行ふべきかぎりを行ふが人の道にしてそのことの成ると成らざるとは人の力に及ぼざるところぞ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加