Sponsored Link


05年の自動車盗難、6年ぶりに5万件下回る…20%減、防犯対策が奏功?昨年1年間に全国の警察が認知… 



Sponsored Link
 


05年の自動車盗難、6年ぶりに5万件下回る…20%減、防犯対策が奏功?

昨年1年間に全国の警察が認知した自動車盗難の件数は前年に比べ20・4%減の4万6728件で、1999年以来6年ぶりに5万件を下回ったことが、4日までの警察庁のまとめで分かった。
自動車盗難は98年の約3万6千件から急増、ピークの2003年には約6万4千件に達していた。
大幅減少について警察庁は「駐車場の防犯設備の向上など官民一体で取り組んできた盗難防止対策の効果」とみている。
しかし、警視庁が摘発したRV窃盗事件の被害車両の中に、電子チップを埋め込んだキー以外ではエンジンが始動しない盗難防止装置「イモビライザー」の新型を装着した車が含まれていたことも判明。
手口の分析や新たな対策が急務となっている。
まとめによると、盗難被害のうち、キーを抜いた状態で盗まれたのが3万3500件で全体の約72%を占めた。
都道府県別では、愛知が6500件で3年連続で最も多く、大阪が6千件、埼玉が5300件、千葉が5千件、神奈川が3300件―などの順。
大阪は01年の1万1500件からほぼ半減した。
盗難件数が多い10都府県の増減をみると、最も減少率が大きいのは神奈川で前年比46・1%(2800件)減。
次いで福岡32・1%(900件)減、東京30・5%(600件)減、愛知25・8%(2200件)減―の順。
逆に増加率が大きいのは群馬(仕事と行動は頭脳を強くするが、過度の勉強は頭脳を弱くする)で18・0%(200件)増。
茨城12・7%(200件)増、千葉11・8%(500件)増だった。
ソース(東京新聞・共同通信)http://www.tokyo-np.co.jp/00/detail/20060304/fls_____detail__008.shtml

人生のほとんどすべての不幸は、自分に関することがらについて、あやまった考え方をするところから生じる



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加