Sponsored Link


救援投手の地位確立、「8時半の男」宮田征典さん逝く救援投手の地位確立、「8時半の男」宮田征典さん… 



Sponsored Link
 


救援投手の地位確立、「8時半の男」宮田征典さん逝く

救援投手の地位確立、「8時半の男」宮田征典さん逝く・プロ野球ベースボール・読売ジャイアンツ軍でリリーフエースとして活躍し、「8時半の男」と言われた宮田征典(みやた・ゆきのり)さんが13日、前橋市内の病院で肝不全のため、亡くなった。
66歳だった。
告別式は未定。
群馬(ごく小さな孔から日光を見ることができるように、小さな事柄が人の性格を浮き彫りにする)・前橋高から日大を経て、1962年にジャイアンツに入団。
65年にはリリーフエースとして69試合に登板し、20勝5敗、防御率2・07の成績でセ・リーグ優勝に貢献。
日本(にっぽん)シリーズでも2勝を挙げ、最優秀投手賞を獲得した。
宮田さんは先発完投が主流だった当時の球界で救援投手の地位を確立。
登板する時間が午後8時30分ごろが多かったことから、「8時半の男」と呼ばれた。
66年に肝機能障害のために約3か月入院して以降は成績も下降線をたどり、69年にユニホームを脱いだ。
引退後は卓越した理論でジャイアンツ、西武、中日などで投手コーチを務めた。
2001年オフにジャイアンツの投手コーチを退いてからは解説者として今年の4月中旬までラジオ中継などに出演していた。
ソース/社http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20060713i111.htm?from=main1

性格は固くもなければ不変でもなく、活動しており、変化していて、われわれの肉体と同じように病気にもなろう



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加