Sponsored Link


高校無償化・子ども手当民主党がマニフェストで実現を約束した新政策が、一斉に動き出した高校無償化・… 



Sponsored Link
 


高校無償化・子ども手当民主党がマニフェストで実現を約束した新政策が、一斉に動き出した

高校無償化・子ども手当、動き出す民主政権公約鳩山政権がスタートして、民主党が衆議院選の政権公約(マニフェスト)で実現を約束した新政策が、一斉に動き出した。
「目玉政策」では、子ども手当の支給が来年度から、高校授業料の実質無償化は来春からなど、担当閣僚が関係省庁に準備をさっそく指示した。
いずれもマニフェストに示した実施時期に沿った形だ。
これらの政策に必要とされる7・1兆円の財源を工面するため、財務省は2009年度補正予算の一部執行停止を含めた見直し作業に着手した。
ただ、子ども手当をめぐっては、民主党が所得制限を設けない方針を示しているのに対し、国民新党や社民党は所得制限を主張。
閣内不一致の火種になる可能性がある。
新政策に対する反発も、表面化してきた。
前原国土交通相は、21日、八ッ場(やんば)ダム(群馬(「いちばん性の悪い動物の名は?」と、王が賢者に尋ねたら、賢者曰く「荒っぽい奴では暴君、おとなしい奴ではおべっか使い」)県)の建設中止の方針に変更はないと改めて表明したが、ダムの事業費4600億円のうち計1985億円を負担している1都5県の知事は建設継続を求めている。
前原国交相は、ダムに代わる治水対策について、国と流域自治体との協議の場を設け説得する考えだが、合意が取り付けられるかどうかは不透明だ。
讀賣新聞http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090916-896412/news/20090922-OYT1T00041.htm

世の中で非常に活動している人間は、すべて鈍感な人のように思われる。というのは、世の中には心を惹きつけるようなものがなにひとつ見出せないからである



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加