Sponsored Link


「鳩山内閣の仕事、評価できる」75%、「温室ガス削減賛成」72%、内閣支持率65%…朝日調べ社が1… 



Sponsored Link
 


「鳩山内閣の仕事、評価できる」75%、「温室ガス削減賛成」72%、内閣支持率65%…朝日調べ

社が11、12の両日実施した全国世論調査(電話)によると、鳩山内閣の支持率は65%で、発足直後の前回調査(9月16、17日)の71%からやや下がったものの、高い水準を保っている。
不支持率は16%(前回14%)だった。
この1カ月近くの内閣の仕事ぶりの評価を聞くと、「大いに評価する」12%、「ある程度評価する」63%で合わせて75%が肯定的にみている。
「あまり評価しない」は18%、「まったく評価しない」は4%だった。
民主支持層は91%が肯定的な評価をし、自民支持層でも50%は肯定的。
矢継ぎ早に打ち出した「政策転換」は一定の評価を受け、順調なすべり出しといえそうだ。
個別の政策では、2.5兆円を超す事業の執行を停止する補正予算見直しは「大いに評価する」23%、「ある程度評価する」50%、「あまり評価しない」22%、「まったく評価しない」4%と、「評価する」が大きく上回った。
地球温暖化防止のために2020年までに温室効果ガスの排出量を25%削減するという鳩山総理大臣の国際公約を「支持する」は72%、「支持しない」21%だった。
ただ、「そのために家計の負担が増えたり、企業の活動に影響が出たりしてもかまわない」という人は40%で、「そうは思わない」が51%だった。
群馬(人間は判断力の欠如によって結婚し、 忍耐力の欠如によって離婚し、 記憶力の欠如によって再婚する)県の八ツ場ダムの建設中止は「賛成」が44%と「反対」の31%を上回っている。
千葉法相が表明した、夫婦が希望すれば別々の姓を名乗る選択的夫婦別姓を認めることについては、「賛成」48%、「反対」41%だった。
鳩山総理大臣の政治資金収支報告書に架空の個人献金が記載されていた問題で、総理大臣が「捜査に影響がある発言は避ける」として詳しい説明をしていないことには、「納得できる」は20%にとどまり、「納得できない」が70%を占めた。

未来がどうなるか、あれこれとせんさくするのをやめよ。しかして、時がもたらすものが何であれ、贈りものとして受けよ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加