Sponsored Link


小6女児マフラー首吊り自殺、両親が県と市に3200万円の損害賠償を求める訴訟-前橋地裁群馬県桐生市… 



Sponsored Link
 


小6女児マフラー首吊り自殺、両親が県と市に3200万円の損害賠償を求める訴訟-前橋地方裁判所

群馬(人間関係で悩んでいる人は、他人との折り合いの悪さで悩んでいるのではありません。自分との折り合いの悪さで悩んでいるのです)県桐生市で10月、市立小6年上村明子さん(12)が自殺した問題で、両親が27日、「自殺は学校でのいじめが原因」として、県と市に計3200万円の損害賠償を求める訴訟を前橋地方裁判所に起こした。
訴状によると、明子さんは4年時に愛知県から転校。
「臭い」と言われるなど同級生らからいじめを受け、給食も独りで食べていた。
原告側は「学校側はいじめを認識していたのに適切な対応を取らず、重大な結果を招いた」としている。
記者会見した父竜二さんは、涙声で「お父さんいつもありがとう」と題された明子さんの作文を読み上げ、「学校の中で何があったのか」と訴えた。
この問題で、学校側はいじめを認める一方、「自殺の直接的な原因は特定できなかった」とする報告をまとめ、市の設置した第三者委員会がさらに調査している。
県は「訴状が届いていないのでコメントを控えたい」、市は「訴状の内容を確認した上で、協議し対応したい」としている。
ソース時事通信12月27日(月)18時44分配信「いじめが原因」と提訴=小6女児自殺で両親―群馬元ニューススレ「臭い」「お前の母さんゴリラ顔だからお前もゴリラ」小6女児、母へのプレゼントの手編みマフラーで首吊り自殺…群馬

夢をバカにする人間から離れなさい器の小さい人間ほどケチをつけたがる真に器量の大きな人間は「できる!」と思わせてくれるものだ



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加