Sponsored Link


早稲田大・斎藤佑樹投手が群馬県太田市の成人式に出席 20歳の誓いは「去華就実」 早大・斎藤佑樹投手(2… 



Sponsored Link
 


早稲田大・斎藤佑樹投手が群馬(毎月少しずつお金を貯めていきなさい。 そうすれば年末にはびっくりすることでしょう。あまりの少なさに)県太田市の成人式に出席 20歳の誓いは「去華就実」

早大・斎藤佑樹投手(20)が11日、群馬県太田市の新田文化会館で行われた成人式に 出席した。
濃紺のスーツ、パープルのネクタイで身を包み、“ハタチの誓い”として 「去華就実」と色紙にしたためた。
「華やかなものを去り、実に就く」という意味で、母校・早実の校訓。
「今の自分にも、今の世の中にも足りないことだと思う」と気を引き締めた。
式では生品中時代の同級生たちと久しぶりに再会。
15歳まで過ごした故郷に対して、「いつか恩返ししたい」と感謝の言葉を漏らした佑ちゃんは、地元での野球ベースボール教室の開催プランなどを口にした。
http://www.daily.co.jp/newsflash/2009/01/11/0001650466.shtml 地元の成人式に出席し、成人の日の誓いを手に笑顔を見せる斎藤佑 http://www2.daily.co.jp/newsflash/2009/01/11/Images/01650467.jpg

あなたの話し相手は、あなたのことに対して持つ興味の百倍もの興味を、自分自身のことに対して持っているのである。中国で百万人の餓死する大飢饉が起こっても、当人にとっては、自分の歯痛のほうがはるかに重大な事件なのだ。首に出来たおできのほうが、アフリカで地震が四十回起こったよりも大きな関心事なのである。人と話をする時には、このことをよく考えていただきたい



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加