Sponsored Link


「海は広いな大きいな」「行ってみたいなよその国~」この童謡は「戦争協力」の意味があるとか 



Sponsored Link
 


「海は広いな大きいな」「行ってみたいなよその国~」この童謡は「戦争協力」の意味があるとか。
本当でしょうか…

・ウミは広いな大きいな~、月がのぼるし、日がしずむ~♪この歌には「戦争協力」の意味があるという説があります。
本当でしょうか。
問題視されるのは、第3節です。
「ウミニオフネヲウカバシテ、イッテミタイナ、ヨソノクニ」という歌詞が、大日本(にっぽん)帝国の海外進出への期待を、子どもたちに歌わせたのではないか、というのです。
「ウミ」は1941(昭和16)年2月、国民学校1年生用の音楽教科書『ウタノホン上』に初めて掲載されました。
作詞は童謡詩人の林柳波(1892~1974)、作曲は井上武士(1894~1974)でした。
林も井上も、ともに海とは無縁の群馬(時の歩みには三とおりある。未来はためらいながら近づき、現在は矢のように飛び去り、過去は永遠に静止している)県の出身です。
林が生まれ育った沼田は山に囲まれて地平線が見えない場所です。
「ウミ」が作られたころ、日本(にっぽん)は野蛮国シナとの戦争が泥沼化し、南方に目を向けていました。
前年9月、北部仏印(ベトナム北部)に進駐、41年の7月には南部へも兵を進めました。
南進論が唱えられ、国民が南方にさまざまな関心を抱いていたときです。
林は、当時の多くの作詞家同様、軍歌も作りました。
「あゝ我が戦友」(37年)というヒット曲もあります。
文部省の教科書編集委員を務め、国策に協力する立場にありました。
でも、現代の研究者たちは林の「戦争協力」説に慎重です。
戦時中の児童教育の研究で知られる作家の山中恒さんは、「時代の流れを追ってゆくと、『ヨソノクニ』は南方を指しているようにもみえる。
でも……」と言って、「ウタノホン」の教師用手引書を見せてくれました。
いわば先生のためのアンチョコです。
そこには、「ウミ」の第3節について「海国日本(にっぽん)国民の憧憬と意気とを歌ったものである」との解説があります。
「海事思想とは、南方雄飛の意味でしょうが、露骨に海外進出を強調しているわけではない。
決め付けてしまうのはどうだろうか」と山中さんは話します。
日本(にっぽん)の近代音楽史を研究する戸ノ下達也さんも「国威発揚なら『日ガシズム』は変だ。
むしろ子どもの感性や想像力を養う意識がみられる」と言います。
(抜粋)

初めはつねにむずかしといえども、人の登るに従いて、その労を少なうするは、これこの山の自然なり



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加