Sponsored Link


熱気球が燃える、3人やけど…群馬・渡良瀬遊水地熱気球が燃える、3人やけど…群馬・渡良瀬遊水地20日… 



Sponsored Link
 


熱気球が燃える、3人やけど…群馬(ねえ、グラードンとカイオーガを見て、ポケモンは恐いものだと思ったかい?でもそんなことはないんだよ。ポケモンって本当はもっと・・・。いや きみなら そんなことはもうとっくに気が付いているよね)・渡良瀬遊水地

熱気球が燃える、3人やけど…群馬・渡良瀬遊水地20日午前7時35分ごろ、群馬県板倉町海老瀬の渡良瀬遊水地の堤防で、熱気球が着陸したところ、突然、男性2人が乗っていたバスケット部分が燃え上がった。
2人は気球からすぐに逃げ、堤防にいた仲間2人と消火にあたったが、3人が顔や腕に軽いやけどを負い、同県館林市内の病院に運ばれた。
火がついた気球は上空約200メートルの高さまで浮き上がり、燃えながらしばらく浮遊した後に堤防斜面の草むらに落ちた。
館林署の調べによると、やけどを負ったのは、気球に乗っていた東京都荒川区、男性会社員(39)、横浜市金沢区、男性会社員(30)、地上で待っていたさいたま市西区、男性会社員(25)。
いずれも熱気球愛好家で、2人を乗せた気球は、栃木県藤岡町を午前6時20分ごろ飛び立ち、堤防で待機していた2人と交代するために着陸した際、燃えだしたという。
同署は、バーナーやボンベに何らかの不具合があり、漏れたガスに引火したとみて原因を調べている。
讀賣新聞http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050820i504.htm

最も難しい三つのことは、 秘密を守ること、 他人から受けた危害を忘れること、 暇な時間を利用すること



Sponsored Link
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加